「きもの姫」体験教室

婚礼衣装の「打ち掛け」やお引きずりの「本振袖」を着て

本格的に「所作」や「立ち居振る舞い」をお稽古します。

DSC_7055

 「お姫様気分」になって、美しい「きもの姫」になっていきましょう~

************************

なかなか着る機会のない衣裳を身につけて、お稽古していきます。

スポット講習の機会に、是非、日本文化の衣裳を体験してみて下さいね。

1~2ヶ月に1回、定期的に開催していく予定です。

日時については「トップページのお知らせ」で、御案内していきます。

参加費・・・1回=3,000円(税込)(当日現金でお願い致します)

参加資格・・中学生以上の女性(男性は応相談)

定員・・・・10名~12名様

持ち物・・・長目の腰紐(ゴムベルトやポリエステル素材はNG) 

服装・・・・洋服でもOKです。

       ・上着やセーター、衿が付いている服などは、脱いで頂きます。

       ・足袋も持参して下さい。

着物の方・・気軽な普段着に、帯は半幅帯で来て下さい。

お稽古内容

DSC_7080

 

・「打ち掛け」の着せ付け方

・美しい姿勢で立つ、座る、歩く

・美しいポーズを身につける

 

 

参加者全員が「打ち掛け体験」出来ますので、どうぞお楽しみに~

************************

o0480064013587327605

一番人気は、こちらの赤の打ち掛け。
この子は大変状態も良くて、私の手元にお嫁入りしました。
これまで数回、着付け教室のお稽古で使った位なので、 ほぼ、新品のような状態です。
金糸銀糸の刺繍も大変ゴージャスです。

なので、とっても重たいですよ~。

 

 

 

 

 

o0480064013587327562

2番人気は、こちらです。
白というか生成りというか・・にゴールドの打ち掛けです。
豪華なゴールドの刺繍で孔雀が描かれています。
数枚の写真で私が着ているのが、この子です。
また昨年のイベント等でも「お姫様体験」で羽織って頂き、ステージでもキラキラと輝き、大人気でした。
昨年、私の手元に来ましたが、使用感がありシミなどもあり、ちょっと疲れた感じではあります。
他の打ち掛けと比べると軽いので扱いは楽な感じです。

 

 

 

o0480064013587327591

 

3番目は、白い打ち掛けですが、白無垢ではありません。
とても良い状態で新品同様で、絢爛豪華な模様が入っています。
こちらも先程の赤い打ち掛けと一緒に、婚礼衣装一式で、私の元にお嫁入りした子です。
刺繍もゴージャスなので、やっぱり重たいですよ~
とってもキラキラしていますので姫気分は盛り上がります~

 

 

 

 

o0480064013595208800

次は、白地に青の鳳凰の打ち掛けです。
昨年のイベント「現~うつつ~」で花魁の衣裳としてドリーマーズが着て、ステージでもキラキラと輝き、大人気でした。
先程のゴールドの打ち掛けと一緒にお嫁入りした子です。
鮮やかな青い糸で豪華な刺繍で、躍動的な鳳凰の図柄です。
が使用感があり、ちょっと疲れた感じではあります。
なのでゴールドと同様に、少し軽い感じですから扱いやすいです。

 

 

 

 

o0480064013587327618

赤い打ち掛けは、もう一枚有ります
こちらは昨年、御縁のある方からお嫁入りしました。
これまでの2着に比べると、少し軽く感じますが、やはり重たいです~

「姫」といえば赤い着物ですよね!!
赤系の打ち掛けでバッチリ写真を撮って下さいね~
姫体験の後プロフィール写真に「着物姫」が増えたら嬉しいな~~

 

 

 

 

o0480064013595212115

女子の憧れ「白無垢」です。
この子は昨年の王子のイベント「狐の夕すずみ」や、今年の王子稲荷での奉納舞の時に大活躍の打ち掛けです
とても状態も良く地紋の鶴が上品に待っています。
ゴージャスな刺繍の打ち掛けに比べると歩く手扱いやすいです。
まあ、それでも重いですけどね。

 

 

 

 

 

o0480064013587327579

 

お次は、婚礼衣装の振袖「本振袖」です。
こちらも着付け教室での練習用ということで、とても良い状態で私の手元にお嫁入りした子です
弟子達は、お稽古で着たり着せたりしたので懐かしいことでしょう。
様々な色糸の豪華な刺繍が施されていますので、とてもゴージャスです。
お引きずりの着物として裾周りに綿が入っていますが、打ち掛けのように重たいことはありません。

基本的に、打ち掛けのように羽織るのではなく、振袖のように着物として着付けて、その上に帯を巻く感じです。

 

 

o0480064013595208813

もう1着、お引きずりの着物「本振袖」です。
こちらは舞踊のステージで着る感じの衣裳で、とても軽いです
そうは云いましても正絹ですから、ぺらぺらな感じは無く、踊りを踊るのには動きやすいという感じです
赤や金糸の豪華な刺繍で華やかなイメージになっています。